久々の青空

某日、所用で出かけた帰り道、公園の駐車場に立ち寄りました。

久しぶりに外に出た気がする!

カラスがお散歩中でした。

後ろ足が可愛い。

帯状疱疹、肺炎、胃腸炎と、私ではなく家族が体調を崩し、外出を控えていましたが…。

明日はお出かけ。

私も、ちょっとくたびれ気味ですが、頑張って、取材に行ってきます!

晴れますように!


空を見上げて

夏の終わりの夕焼けと三日月。

とは言え、まだまだ、暑い日が続きますね。

今日は朝から、物騒なニュースが飛び込んできましたが…。

夕日や月をのんびり見上げられるような…そんな平和が続きますように。


百日紅と蝉

8月も、もう、そろそろ終わりです。

8月は家族の体調が悪く、家でおとなしくしていました。

おそらく、このまま、何のイベントもなく、過ぎ去りそう。

子供だったら、「夏休みの絵日記がつけられない~‼」的な困った日々でしたが(笑)、雨がひどかったし、暑かったし、家が一番快適だったはずなので、まぁ、大人の夏としては問題無しかと。

所用で、ちょこっと出かけた時に取った花々。

小さなお庭ですが、お花が奇麗でいつも元気をもらえます。

百日紅(上)と蝉(下)。

アブラゼミが幹のどこかにおります(見つけてね)。

蝉に「なかないで~」(賑やかは苦手)と、舘ひろしさんの、かなり昭和な物まねしつつ、夏らしい写真が何とか撮れました。


2017 横川SA

8月というのに、梅雨のような気候。

家族も体調を壊し、8月に入ってからは、ゆっくり出かける時間を取れずにいます。

こんな気候だし、無理して出かけず、今月はひたすら家で、読書と仕事をしています。

お出かけは、また、改めて!

そんなわけで、アップできる近況写真がございません…。

なので、先月のお茶の時間のお写真を…。

長野に向かう途中、上信越自動車道の横川SA(下)で一休みしました。

横川といえば、昔は「峠の釜めし」でしたね~。

そんな時代、今の若者は知らないだろうな~と思いつつ…。

「おぎのや」は、もちろん、今もありますが。

おしゃれになった横川にて(先月)。


手塚治虫記念館

8月に突入!

エアコンが苦手な私ですが、さすがに使わないと、命が危ないと思う、今日この頃…。

8月にまで及んでしまいましたが、5月の旅行記ラストの記事です。

㋄の旅行、最後は宝塚市立「手塚治虫記念館」で締めくくって帰りました。

手塚治虫記念館のある宝塚市には初日に訪れたのですが、その日は何と休館日。

下調べせずに訪れて後悔しましたが、最終日に奇跡的に時間が取れて訪問して帰ることができました。

手塚治虫先生の漫画は『ブラック・ジャック』など、リアルタイムで読んだ漫画もありますが、私はどちらかというと、手塚先生のアニメで育った世代です。『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』実写+アニメの『マグマ大使』等々…大好きでした。

記念館の中は、夢があふれる空間でした。

サファイヤが迎えてくれるエントランス。

天井にはキャラクターたちのステンドグラス。

常設展示室のカプセルには手塚先生ゆかりの品があり、地下1階にはアニメ工房や、手塚先生の仕事部屋の再現があったりと楽しかったです!

どれもこれも貴重な展示でしたが、何よりも私が感動したのは「手塚治虫漫画年表」でした。

本当にとてつもない作品の数で、いったいどこから、これだけの作品を生み出せるアイデアと、情熱が生まれてくるのだろうかと圧倒されました。

多くの作品を生み出されたことは知っていましたが、年表になったものを見ることで、手塚先生の凄さを改めて感じて帰りました。

記念館前の広場にはキャラクターたちの手型と足型。

ピノコ!

お尻が可愛い。

マグマ大使! 手も足もデカっ!

メルモちゃん!

右上の大小の〇は…薬瓶と薬か…(笑)。

ヒゲオヤジは、手型・足型のほかに、ヒゲ型が…(笑)。

他にもサファイヤやチンクの手型・足型もあり、楽しい演出でした。

手塚治虫先生と言えば、今年の手塚治虫文化賞、マンガ大賞は、別冊マーガレットの大先輩、くらもちふさこ先生が描かれた『花に染む』が受賞しました。

先生‼ 本当におめでとうごさいます‼

8月13日~20日(19日を除く)まで、西池袋の自由学園明日館 講堂で、受賞作品のサイン入りパネル展が開催されるそうです。その後、宝塚市の手塚治虫記念館や東京都練馬区、東京都杉並区で巡回展の予定があるそうです。

詳しくはこちらをご覧ください。


北野カルチュラルセンター

北野カルチュラルセンターに行ってきました!

池田理代子先生のデビュー50周年記念展が、東京、大阪、京都、横浜に引き続き、只今、長野で開催中です。

とても、ゆったりした素敵な空間で、再び、迫力満点の美しい原稿を拝見させていただいてきました。

池田理代子先生のトークショーも拝聴させていただき、とても楽しかったです!

宝塚の衣装コーナー!! ↑

『オルフェウスの窓』も! ↓

展覧会は日本橋で既に拝見しているんですが、改めてゆっくり満喫。

名シーンの数々を、脳裏に焼き付けてきました。

池田理代子先生もトークショーでおっしゃっていたのですが、漫画家の執筆の環境が変化し、デジタル制作が増えつつある今、紙の原稿は貴重です。

浮世絵には原画がありませんが、紙の原稿で描いた漫画には原画が残っています。

本当に貴重なことです。

手を痛めている事情から、デジタルで制作することも増えた私ですが、池田理代子先生の原稿を拝見し、紙ならではの制作の過程や、簡単にやり直しがきかない状況の中でひかれた一本の線の緊張感など、デジタルにはない作品の魅力を、いっぱい、感じて帰りました。

是非、皆様にも、ゆっくりご覧いただきたいと思います。

今回は、水沢めぐみ先生とご一緒させていただき、「ベルばら」トークで盛り上がりました。

子供の頃に読んだ思い出の漫画たちの楽しいお話もさせて頂いて、良い時間を過ごせました。

水沢めぐみ先生、優しくて、素敵な方でお会いできて良かった!

美味しいクレープとソフトクリームを一緒にいただきました。

今回、連れて帰った、品々。

これは、何かというと…、

なんと、七味唐辛子!

長野会場限定商品だそうです。

ピリ辛のオスカル様…。

うどんにササっとかけて頂くのが楽しみ!

池田理代子先生の「デビュー50周年記念展 池田理代子-「ベルばら」とともに―」展は、9月10日まで開催中です。

詳しくは北野カルチュラルセンターのHPをご覧ください!


旧日本銀行京都支店

7月も下旬だというのに、まだ、5月の旅行記です(汗)。

かなり長めの滞在だったので、私にしては、あちこち頑張って行ってきましたので、なかなか旅行記が書き終わらない。

他の方から見たら、のんびりすぎる旅行かもしれませんが…(笑)。

こちらの煉瓦造りの建物は…、旧日本銀行京都支店!

明治36年(1903年)9月着工、明治39年(1906年)6月竣工。

東京駅を設計した辰野金吾と、その弟子、長野宇平治の設計です。

外観は、赤煉瓦に白い石のストライプ(アクセント)は、いわゆる、辰野式と呼ばれるものです。

今回は何といっても内部の美しさに感激しました。

銀行の面影が残るカウンターの窓口。

天井も高く、今はホールとして利用されているようですが、優雅な空間でした。

こんな素敵な銀行なら毎日でも通って…預金したかった!!(笑)

中庭のカフェでまったりして、帰りました。


平等院鳳凰堂&宇治市源氏物語ミュージアム

暑くなってきました!!

日差しもかなり強くなってきて、外出には日焼け止めと日傘が欠かせない感じ。

5月の旅は快適で良かったな~と、思い出す日々。

さて、前回のブログのカフェがあった場所は…、世界遺産の「平等院」です。

落雁の鳳凰がヒントでした。

中央の屋根の両端に鳳凰がいるの分かるでしょうか?

「平等院」は藤原頼通が、父の道長の別業(べつごう=別荘)を譲り受け、寺院に改めたものだそう。

宇治は平安貴族の別業の地だったそうです。

凄い別荘…平安貴族って本当に優雅な暮らしをしていたんだなぁと、改めて思いました。

けれど、多くの別業には御堂もあり、貴族たちは仏に向き合う時間も持っていたそう。

光の都合で柱が黒っぽく映っていますが、美しい朱色です。

 

「平等院ミュージアム鳳翔館」には、国宝の鳳凰一対、重要文化財の十一面観音立像などがありました。

ゆっくり見学したかったけれど、平日なのにかなりの人!!だったので、流れに沿って見てきました。

 

そして、平安貴族といえば、『源氏物語』ですが…。

『源氏物語』の「宇治十帖」は宇治が主な舞台ですが、「平等院」の近くには「宇治市 源氏物語ミュージアム」もありました。

『源氏物語』の世界が再現されていて、楽しかったです。

お庭も良い雰囲気。

宇治川を眺めたり、平等院を訪れたり、平安貴族の世界を体感してきました。

参考:「平等院HP」 「宇治市源氏物語ミュージアムHP」


お抹茶

九州の豪雨の被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。

私も親族が住んでいるので心配しています。

さて、上の写真は、とある場所にあるカフェ。

5月の京都の旅行にて立ち寄った場所。

冷たいお抹茶をいただきました。

緑がいい色です。

ヒントはおやつの落雁。

ちょこっとだけ建物も…。

 

続きは次回。

 


ページのトップにもどる