久保田一竹美術館&紅葉

本当に寒くなってきました!

もう、12月ですものね。

01

ブログまんがにも描きましたが、先月訪れた、富士河口湖にある「久保田一竹美術館」の写真をアップします。

03

06

05

別のシーズンに訪れたこともありますが、秋は本当に、お庭がきれい。

近くでは紅葉祭りが開催中でした。

02

美しい紅葉の写真をアップします!

ぽかぽかと温かく、天候に恵まれた秋の一日でした。

0407

08


学士会館にてランチ会

01

11月の某日、これまでに私がお世話になった担当さんや編集長、編集者さんが数名集まって、ランチ会を開いて下さいました。

楽しく懐かしい時間を過ごしました。

笑いが止まらないぐらい、面白い思い出話もありました。

お忙しい中、駆けつけて下さった皆様、本当にありがとうございました。

 

冒頭の写真は、会場となった学士会館のレストラン、ラタンの個室。

 

この、学士会館は私が以前から、訪れたいと思っていた、千代田区の近代建築のひとつです。現在は一部施設を除いて、学士会員でなくとも利用できます。

とても良い機会をいただいて、建物も堪能して帰りました。

03

写真の向かって右側の4階建ての旧館は高橋貞太郎設計(昭和3年竣工)、向かって左の5階建て新館は藤村朗設計(昭和12年増築)。

04

旧館のみ撮影。

05

旧館の正面玄関(外まわり)。

ちょっと分かりにくかったんですが、学士会館の小冊子『建築物語』によると様式はセセッションのよう。セセッションの特徴が表れている入口。アーチはロマネスク風で、要石(頂部)にはオリーブの葉が刻まれています。全体的にはスッキリした、モダンなデザインですが、装飾部分に濃密に植物文様が用いられています。

06

復元された大灯籠とスクラッチタイル(下の写真上部)の外壁。

07

 

設計者の高橋貞太郎は日本の耐震工学を確立した佐野利器に学んでおり、学士会館は耐震・耐火の鉄筋コンクリート造り。関東大震災後の「震災復興建築」になります。

関東大震災を境に日本の建物は煉瓦造りからコンクリート造りに代わっていくのですが(このあたり、『チ・カ・ラ』の時に学びました)学士会館もその一つ。歴史を体感して帰りました。

08

ラタンの広間の内装はチューダーゴシック。

09

013

ステンドグラスが用いられている廊下。

011

新館の軽やかな階段。

012

旧館のセセッションスタイルの柱が囲む階段。

014

人造石張りの柱。鋲を強調したデザイン。

017

018

旧館正面玄関、真鍮製のドアノブと天井の植物モチーフの縁飾り。

 

015

016流れた歳月を物語る床のタイルがなんとも言えない味わいでした。


秋晴れ!

01  某日、秋の湖畔。

02

名月を見た翌朝は快晴でした。

03

ここまでは、部屋の窓からの湖です。

 

04

そして、これは、当ブログでは、おなじみのホテルロビーからの湖。

05

これは、駐車場から・・・。

湖だけで、何枚写真を撮ったのか・・・。(笑)

 

この後、チェックアウトして美術館へ出発しました!

続きはまた。


湖上の月

今月も、美術館巡り。

寒くなってきたので、ぼちぼち、温泉療養などしながら、巡っています。

00

久しぶりに、プロの作ったおいしい御飯をいただきました。

こちらはデザート。

01

窓の外は湖。

山麓から上る月がきれいでした。


ありがとうございました

マーガレットBOOKストア! 「秋マン!! 名作!! 長編作品」『Flower~フラワー~』の1巻~3巻の試し読み、昨日で終了しました。

読んで下さった皆様、ありがとうございました。

ぜひ、最後(10巻)まで、読んでいただけると嬉しいです。

011

 

「漫画の世界に住んでいる彼らは、年を取らない」と、以前ブログに書きましたが、理沙ちゃんと北川君のその後をちょっぴり空想。

いたずら描きしました。

北川君はその後、子供たちに囲まれて幸せに暮らしているような気が・・・。

 

実は、今年に入ってから、私が子供の頃、入院していた病院で、仲良くしていたただいた車椅子ユーザーのお兄さんから、お電話をいただきました。年賀状は毎年交換させていただいていたのですが、声を聴けてうれしかったです。懐かしさもひとしおでした。

当時は北川さんのようなカッコいい「お兄さん」だったのですが、もう還暦を迎えられたそう!!

そして、お孫さんが生まれたそう!!

私も年を取るわけだ~。

北川君と理沙ちゃんにも、いずれは孫が・・・、そこまでは、今はまだビジュアルでは空想できない私です。

 


いたずら描き

Flower

マーガレットBOOKストア! 「秋マン!! 名作!! 長編作品」『Flower~フラワー』参加を感謝して、久々に葵と竜太とリュータをいたずら描き。

久々すぎて、竜太が高校時代の髪型と雰囲気なのに、リュータが介助犬のマントを羽織っているという矛盾が…。マントには「介助犬(訓練中)」と書いてある設定で、おねがいします。(笑)

別冊マーガレットにて『Flower~フラワー』の連載が開始されたのは、2000年。

今から約16年前です。

 

障害のある人をめぐる環境は、日毎に変化しています。

補助犬への理解を、これからもよろしくお願いします。

 

16年前は、難産で、葵を産みました。

育てるのも大変でした。(笑)

けれど、長きにわたり、多くの人に読んで頂けて、とてもうれしいです。

『Flower~フラワー』の「秋マン!」参加は11月15日までです。

よろしければ、読んでくださいね。


ページのトップにもどる