夏のランチ

台風で不安定な天気が続いていますね。

「箱根のmuseum巡り」の続きがまだまだありますが、その前に、少し前の晴れた日の写真をアップ。

0

ある夏の日、明治記念館を訪れました。

01

明治記念館本館(憲法記念館)は明治14年、赤坂仮御所の別殿として竣工。

当時は今の迎賓館のある場所に建てられていたそうです。

その後、現在の場所に移築。

 

明治21年に、明治憲法草案審議の御前会議が開かれた広間で、少し遅めのランチをいただきました。

60

ありがたいことに、この日、この時間は空いていました。

80

04

和と洋のバランスが、近代日本を感じられて面白い。

壁一面に描かれた金鶏、格天井とシャンデリア、お庭が美しかったです。

07

05


箱根のmuseum巡り③

00

8月12日に、残暑お見舞いのブログでお届けした花々は、箱根湿生花園の花々です。

仙石原にある箱根湿生花園は、湿原をはじめとして川や湖沼などの水湿地に生育している植物を中心にした植物園です。

01

02

museum巡りなのに、なぜ植物園?と、思われる方もいらっしゃるかと思いますが、実は植物園や動物園も美術館と同じ博物館法の中で制度上扱われます。

箱根湿生花園さんにも学芸員さんがおられます。

と、いうことで、museum巡りに入れました。

03

04

園内は木道が整備され、すぐ側で多くの種類の花々と出会えます。

05

07

何度か通っていますが、珍しい花々に出会えることも…。

この時はヒマラヤの青いケシが展示されていました。

08

09

 

美しい花々に癒される、素敵な場所です。


箱根のmuseum巡り②(おまけ)

箱根のmuseum巡り、おまけブログです。

今回はmuseumではなく、おやつと建築探訪。

00

芦ノ湖のほとりに建つ、ザ・プリンス箱根を訪れました。

09

ホテルの本館は、世界平和記念聖堂(国の重要文化財)を設計した建築家・村野藤吾の晩年の代表作で、1978年に箱根プリンスホテルとして建てられました。

1980年に第21回BCS賞受賞、2007年に大規模改修され、第21回BELCA賞(ロングライフ部門)に輝いているそうです。

とても好きなホテルの一つです。

01

円形の客室棟が2棟、木々の間に配置され、エントランスのある中央棟も、周囲の樹木を超えない高さに抑えられ、湖畔の景観を損なわないよう配慮されています。

湖畔のお散歩道は、湖の際、ギリギリを歩くことができます。

 

02

建築に詳しいわけではありませんが、リゾート建築で、自然環境を守ることがいかに大事かということは、訪れると分かります。

リゾートで、「あの建物邪魔だな~」と思うか、「あの建物を訪れてみたい」と思うか。

訪れてみたいと思う建物は、環境と調和しているように思います。

 

03

04ラウンジのテラスで、イチゴのスィーツを頂きました。

 

05

本館の通路は、このホテルの中で、とても印象的な場所。

 

強いインパクトを放つレッドカーペットと、カーブを描いて上昇するツキ板天井。

優雅で荘厳。

ガラスの向こうに見える緑が、非日常的な場所に来たことを実感させてくれます。

06

男女問わず、魅かれるホテルだと思います。


箱根のmuseum巡り①

1

春の箱根に行ってきました。

すでに夏ですが・・・(汗)

5月から7月半ばまでバタバタとしていたので、UPが遅くなりましたが、ブログ漫画の掲載に合わせて、写真を公開します。

2

3

湖畔でよしだ君とおか本さんに出会ったり

4

海賊船を眺めたり

5

トンビ(?)が魚を捕まえる瞬間に遭遇したりしましたが、旅の目的、第一は、ポーラ美術館。

6

只今、開催中の「Modern Beauty―フランスの絵画と化粧道具、ファッションにみる美の近代―」展を観てきました。

ひとつ前のブログに漫画を掲載しましたので、読んでくださいね!

こちらも「つづく」


天に

暫くブログが止まっていました。

近しい人とのお別れがありました。

01

02

あまりにも空がきれいだったので、写した、ある日。

03

最後の時間を過ごした病院は、深い緑に包まれ、安らかでした。

04

感謝の言葉は届いたでしょうか。

05


丸メガネ

大きな丸メガネが、また流行って来ている様子。

先日、神田沙也加ちゃんのInstagramをみていたら、大きな丸メガネをしていて、とても可愛らしかった。

001

私の漫画のキャラクターで、メガネと言えば、『片道切符シリーズ』の麻里ちゃん。

オールデジタルでちょこっといたずら描きをしました。

ちょっと前まで、メガネのレンズは小さいのが流行りで、麻里ちゃんの大きな丸メガネは、時代遅れとなっていましたが、一巡して、再び大きなレンズのメガネの時代がやってきた様子。

大きな丸メガネ、私も買おうかな。

実用本位のメガネしか持っていないので、遊び心のあるメガネが欲しい今日この頃。

昔は顔出しOKで、別冊マーガレットの口絵に小さな顔写真が掲載されたり、その他の取材に、写真入りで答えたりしていましたが、思うところあって、ここ15年ぐらいは顔出しNGを通しています。

 

何らかの事情で、写真が掲載される、もしくは掲載する場合は、モザイクを入れたり、ピントを少しぼかしたり、メガネをかけたり、顔の一部を隠したり…などで、対処しているのですが、お手数をおかけしたり、手間がかかったりします。

プライベートでも気軽に写真に写りたいので、変装用のメガネが欲しい今日この頃。

002

神田沙也加ちゃんを目指したいのですが、塩沢ときさんになるかも…。


「開花風景と富士の姿」展

 

02明日は七夕ですね。

先月のことですが、お気に入りのGAS MUSEUM(ガス ミュージアム)に行ってきました。

くちなしの花やラベンダーが咲いていました。

 

04

01

05

6月26日まで開催されていた「開花風景と富士の姿」展を観てきました。

駿河町や銀座、日本橋を描いた風景の中に富士山がありました。

江戸時代には日本橋からも富士山が眺められたなんて、今の東京の街並みからは簡単に想像がつかなくて、不思議な感じがします。

 

06

展覧会の内容は、また、ブログまんがでご報告できるかも(?)知れません。

07


ページのトップにもどる