#近代建築 in 『チ・カ・ラ』⑤

近代建築 in 『チ・カ・ラ』④の続きです。

『チ・カ・ラ』に何度も登場する、旧帝国ホテルの椅子をご紹介。

六角形の背もたれが特徴的な旧帝国ホテルの椅子が、可愛くてお気に入りです。

旧帝国ホテルは細部まで、凝ったデザインで、竣工までには相当な労力を要しただろうな、と感じます。

スクラッチ煉瓦と大谷石が彫刻的に積み上げられた柱(灯籠のような灯になっている部分もあり素敵)など、エキゾチックで、重厚な意匠は個性的です。

『チ・カ・ラ』の中で、旧帝国ホテルは重要な場所となりますが、ネタバレになってしまうので、詳しくはここでかけません、ごめんなさい。

よろしかったら読んでくださいね。


#近代建築 in 『チ・カ・ラ』④

『チ・カ・ラ—天空の雪ー』22話、お読みいただけましたでしょうか。

今回の近代建築 in『チ・カ・ラ』は、「旧帝国ホテル」です。

旧帝国ホテルは、現在の帝国ホテル(千代田区内幸町)と同じ敷地にありました。『チ・カ・ラ』に出てくる建物は、ライト館と呼ばれる新館、鉄筋コンクリートおよび煉瓦コンクリート構造、地上5階、地下1階の建物です。

フランク・ロイド・ライトの設計で大正12年8月末に全館落成しました。

初代帝国ホテルは明治23年に、外国人をもてなす場所を兼ねた国を代表する大型ホテルとして、鹿鳴館に隣接する現在の敷地に建てられました。しかし、大正時代に入り初代帝国ホテルは火災で焼失、別館で経営を続けつつ、建設が進められていた新館(ライト館)の全館落成が心待ちにされていました。

『チ・カ・ラ』の中でも出てきますが、新館の工期が長引いたこともあり、全館落成以前から、新館の完成した部分では営業が初まっていました。この中央玄関に、レトロな当時のタクシーで乗り付けるシーンが描きたいなぁと、思ったので…(続きは漫画をご覧ください)。

現在は、愛知県の明治村に帝国ホテル(ライト館)の中央玄関など一部が移築保存されています。

『チ・カ・ラ—天空の雪ー』は、デジタルマーガレットにて連載中です。12月は月に2回の更新となります。こちらからご覧になれますので、よろしかったら是非お読みいただけると嬉しいです。


『チ・カ・ラ』連載再開です!

秋晴れが続く今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

大変長らくお待たせいたしておりました、『チ・カ・ラ—天空の雪ー』の連載が、11月19日よりデジタルマーガレットにて再開されます!

無料配信ですので、是非、ご覧いただけると嬉しいです。

今日も、ペン入れ頑張っています。


やっと…

とある日の青空。

やっと緊急事態宣言も解除され、のんびりと散歩できるようになりました。

カモともまったりした時間を過ごしたり…。

このまま平和な日常が取り戻せますように。

こちらは、別の日、姉の家でザクロをいただきました。

宝石みたいできれい。

11月から、デジタルマーガレットにて『チ・カ・ラ』連載再開予定です。

よろしくお願いいたします。


#近代建築 in 『チ・カ・ラ』③

明日から、やっと緊急事態宣言解除ですね。

まだまだ油断はできませんが、少しホッとしています。

イラストは、「横浜市開港記念会館」(通称・ジャック)です。

横浜開港50周年を記念して、1917年(大正6年)に竣工した建物です。

現在は、『横濱三塔』の一つとして、神奈川県庁(キング)、横浜税関(クイーン)の2塔と共に、横浜のシンボルとして親しまれていますが、ほかの2塔は昭和に竣工したので、大正時代は横浜市開港記念会館のみがありました。

当時の名称は「開港記念横浜会館」。

高い建物が他には少なかったので、海上からも良く見えたであろうと思います。

私の好きな近代建築のひとつです。

『チ・カ・ラ』の続きは、鋭意執筆中です。
既刊の『チ・カ・ラ』の1~4巻はこちらからお求めいただけます。

和田尚子のその他のコミックスはこちらからお求めください。
よろしくお願いいたします。


ヤマボウシの実

9月に入り、寒くなってきましたね。

写真は、8月の終わりに拾ったヤマボウシの実。

可愛い実がたくさん落ちていました。

昨日、パラリンピックも終わりましたね。

競技も、開会式、閉会式も素晴らしい大会でした。

アスリートの皆様、ボランティアの皆様、関係者の皆様、お疲れ様でした。

数十年前に夢見ていたことが、実現したと感じた東京大会でした。

今、夢見ていることが、未来の大会や実社会で叶いますように。

そして、早くコロナも終息しますように。


肉球

アップする機会を逃していましたが、先月頂いたおやつです。

猫のお菓子。肉球が可愛いです。

昨日から、パラリンピック始まりましたね。

コロナ禍の中、不安と期待が激しく交差しますが、自宅で観戦しています。


#近代建築 in 『チ・カ・ラ』②

猛暑の中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

久しぶりに「#近代建築 in 『チ・カ・ラ』」の更新です。

こちらは、コミックスの1巻から登場する「警視庁」です。

現在の警視庁は霞が関にあり、皇居・桜田門前のお堀端にありますが、当時の警視庁は有楽町にあり、日比谷交差点近くのお堀端にありました。帝国劇場の隣でした(現在も帝国劇場は同じ位置)。

東京駅周辺は、本当に、異国情緒たっぷりの景色が広がっていたようです。

東京駅(丸の内側)は当時のままで(一部復原)ですが、警視庁の近隣にあった当時の司法省の建物も創建当時の姿に復原されており(現:法務省旧本館赤レンガ棟)当時の煉瓦造りの建物の面影をしのぶことができます。

法務省の写真は、こちらの以前のブログから見られます。

タイムトリップができるようになったら…、大正時代の行ってみたい場所の一つです。

『チ・カ・ラ』の続きは、鋭意執筆中です。
既刊の『チ・カ・ラ』の1~4巻はこちらからお求めいただけます。

和田尚子のその他のコミックスはこちらからお求めください。
よろしくお願いいたします。


とある一日

梅雨が明けたと思ったら、いきなり猛暑。

過ごしにくい日々が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

とある日の、おやつと、執筆中の一コマを写しました。

季節の変わり目、皆様もご自愛ください。


ネジバナ

庭の野草が元気になる季節がやってきました。

芝生の草抜きをしなければならないのですが…、ネジバナは可愛いから抜けないなぁ。


ページのトップにもどる