下絵中。

ne054.jpg
今朝、靴下が片方無くなって大騒ぎしたら
右足に2枚、はいていました。

こうゆう事、よくありますよね。
・・・ね?

ドタバタしながら下絵がんばってます。

「コーラス」3月号の欄外に感想下さった方々、
ありがとうございました。

3月号発売中です。
皆様、よろしく!


ネーム中

ne053.jpg
ここ、数日はネームと格闘しています。

ネーム、またの名を絵コンテ。

最近、私はずっとパソコンでやっています。
消しゴムのカスがでなくていいんです。
仕上げの絵は手作業なので、
結局ちょっと、消しゴムは使うんですがヾ( ̄o ̄;)。

ネーム用のパソコンは、PowerBook G4。
インターネット用に使っているWindowsより
音が静かで、長くパソコンに向かっていられます。

出来ることなら、あっという間にネームは終わりたいんですが(;^_^A。

編集部にお手紙下さった方ありがとうございました。
先日、打ち合わせの時に受け取りました。
ネームに詰まった時のお守り代わりに大事にしています。

「なんとしても描かねば・・・・」と勇気が湧きます(*^▽^*)。

まだ、お返事を書ける量のお手紙なので、そのうち
お返事書かせてもらいますね。待ってて下さい!。

では、明日打ち合わせの予定なので、ネームに戻りま〜す!。
\(;゚∇゚)/。

今日は、たくさん、顔文字を使ってみました。


ファーストドッグ

アメリカのオバマ次期大統領のペットが話題になっているみたいです。

娘さんと相談中らしいけれど、
どうやら、抜け毛が出にくい、ゴールデン・レトリーバーとプードルの
ハイブリッド種「ゴールデン・ドゥードゥル」が有力候補のよう。

昨日、テレビ東京の「ポチタマ」を見ていたら、
日本にいる「ゴールデン・ドゥードゥル」が出てきていました。

まだ日本にいる「ゴールデン・ドゥードゥル」の数は少ないそうだけれど
横浜中華街の雑貨屋さんにも、
看板犬の「ゴールデン・ドゥードゥル」がいるそうです。
とんでもなく、可愛かった〜。

「ゴールデン・ドゥードゥル」は、身体も大きく、気立てもよく、
人なつっこい性格で、アメリカでは介助犬としても活躍しているとか。

介助犬といえば、「Flower」!
介助犬リュータを描く時に取材に応じてくれた
木村佳友さんと介助犬エルモがJA共済のCMに出ています。

まだまだ、日本での介助犬の理解は十分でないそう。
働くわんこに、皆様の暖かい支援をよろしくお願いします。

介助犬のCMは
JA共済のHP CMライブラリー「負けない勇気編」で見られます。

http://www.ja-kyosai.or.jp/about/cf/index.html


成人の日

気が付けば、もう16日。
無事、脱稿しています。

ついこの間、成人の日(12日)のニュースを
新聞で見た気がするのにあっという間に16日です。

ついでに、私の成人式も
ついこの間だったような気がするのに・・・。

ま、それは、いいとして。

今年成人の皆様おめてとうございます!

成人の日といえば、「かるたの会」ですね。

え?
知らない?
多分、成人の日にはあちこちで「かるたの会」が
行われていると思うんですが・・・・。


ペン入れ中。

ne051.jpg
年末、仕事場を模様替えしたので
新年からは、ちょっと新たな気分。

仕事で目が疲れると
目の体操をしています。

頭を動かさずに目だけで
左を見て、右を見て、上を見て、下を見て、
真ん中を見て(より目)、両外側を見て・・・。

う〜ん、見たいけど「離れ目」は出来ない。
何故?
素朴な疑問を待ちつつ
再び、原稿へ・・・。


新年早々

ne050.jpg
「ぶらじる丸」って知っていますか?

その昔、ブラジルへの移民船だった船です。

私が幼い頃は、三重県の鳥羽港に、
現在の氷川丸(横浜港)のように、
観光客向けに接岸されていました。

その頃の「ぶらじる丸」の中にはゲームコーナーがあり、
今から考えると、ものすごい旧型のレーシングゲームが設置され、
鳥羽の親戚のところに遊びにいっていた私は
伯母さんからお小遣いをもらって、いとこと姉と一緒によく通いました。

「ぶらじる丸」では、操舵室に行くと
蝋人形の船長が迎えてくれて、
地球儀のような丸い物体をさわると何故か全身の毛が逆立つという、
「うわわわわ???スポット」があり、
怖いのか、可笑しいのか分からないという不思議な体験ができました。
(どうやら、なぞの球体で静電気が作られていた模様)

今は、その「ぶらじる丸」も鳥羽港にないそうなんですが・・・。


アラフォー

もうすぐ、2008年も終わり。
皆様、本年もどうもありがとうございました。

原稿に追われつつ、この一年を振り返っております。

昨年の今頃は、「チ・カ・ラ」 連載開始の為に、
明治、大正時代の日本史を猛勉強していました。
懐かしい(笑)。

今年の締めくくりに、なんとなく見たテレビの感想を・・・。


ページのトップにもどる