京都国際マンガミュージアム

5月の旅のご報告です。

旅の疲れが癒えぬまま、次のイベントの準備に追われていて、ご報告が遅くなりましたが、宝塚と京都へ出かけていました。

何処から書けばいいのかわからないぐらい、スペシャルなことがあった旅でした。

順番にゆっくりアップしていきますが、まずは、京都国際マンガミュージアムから!

京都国際マンガミュージアムは、烏丸通にある、博物館と図書館の機能を併せ持ったような、ミュージアムです。従兄弟や友人から、京都国際マンガミュージアムの話は聞いていたので、一度は行ってみたいと思っていたのですが、ようやく実現しました。

只今、開催中の山岸涼子先生の展覧会、『山岸涼子展「光-てらす―」-メタモルフォーゼの世界-』をゆっくり見せていただき、美しい絵にため息を連発して帰りました。 そして、学芸室員・研究員さんのご厚意で、館内を詳しく案内していただきました。

マンガミュージアムは、図書館のように来館者が館内や芝生の上でゆっくり「マンガの壁」に配架されている漫画を読むことができる夢のようなミュージアムで(私の漫画もありました)、訪れた日もたくさんの方々が、思い思いの場所で漫画を読みふけっていました。

配架されている漫画が自由に読めるだけでなく、研究閲覧室にて、貴重な漫画の資料を読めるそうです。常設展では、手塚治虫先生の火の鳥のオブジェ、漫画家さんの石膏手形や、サイン色紙やが展示され、漫画にかかわるエトセトラが楽しく分かりやすく展示されていました。

昔さながらの紙芝居のパフォーマンスが楽しめる部屋があったり(黄金バットを見せていただきました)、漫画工房や、ワークショップがあったり、いや~、楽しかったです!

建物は昭和初期建造、元・龍池小学校校舎。地域の人々の歴史が受け継がれ、地域の人々に活用されている、素敵なミュージアムでした。レトロな温かい空間の中で、子供も大人もゆったりとのんびりと、漫画を楽しんでいる様子が印象に残りました。海外からのお客様も大勢、日本の漫画文化を見に来館されていました。

そして、京都国際マンガミュージアムには、カフェが併設されており・・・、その壁には、著名な漫画家さんたちのサインがびっしり描かれていたのですが・・・、恐れ多いことながら、私もサインをさせていただきてきました。どこに描かれているか、探しに行ってみてください。光栄でした!

只今、開催中の山岸涼子先生の展覧会、『山岸涼子展「光-てらす―」-メタモルフォーゼの世界-』は  、前期:5月27日(土)~6月27日(火)、中期:6月29日(木)~8月1日(火)、後期:8月3日(木)~9月3日(日)のスケジュールで開催中です。

京都国際マンガミュージアムの皆様、お世話になりました。

ありがとうございました!


『Flower~フラワー~』台湾版、配信開始!

少し間が空いてしまいましたが、ブログ復活!

ちょっと、留守にしていたもので、落ち着いてパソコンに向かう時間がありませんでした。

何処に行っていたかは、また、ゆっくりご報告させていただきます。

『Flower~フラワー~』の台湾での配信が6月より開始予定との連絡をいただきました。

「東立電子書城」「LineManga」「TAIWAN MOBILE mybook」「台湾BookWalker」「楽天Kobo」他のプラットフォームで、準備が整い次第、順次配信となるそうです。

紙媒体では、台湾をはじめ、韓国やタイ、インドネシアなど、アジアの国に翻訳出版していただきましたが、海外版の配信は初めてかなぁ。

紙媒体での出版も現地にいないので、実感がないのですが、配信だとさらに実感ないです(笑)。でも、凄く、海外版は嬉しいです。自分が訪れたことのない国の方々にも作品を読んでいただけるなんて!

5月に、JR宝塚駅の介助犬シンシアの像(ハチ公みたいにちょこんと座っています)に会いに行き、帰京したタイミングで、この知らせを受け取りました。だから、なんだか、余計に嬉しい。(シンシアの像について詳しくはまたブログで報告しますね)

もし、このブログをご覧いただいている台湾の方々がいらっしゃいましたら、どうぞ、この機会に「Flower~フラワー~」をご覧いただけると嬉しいです。また、日本の方々も、台湾在住のご家族、ご友人がいらっしゃいましたら、お勧めいただけると嬉しいです。


リス毛とJ:COM

最近のお買い物。

ARCHESのスケッチブック(ブロック)とリス毛の筆。

リス毛の筆、ラファエルを探したけれど、行ったお店に無くって、レオナルド購入。

近場の日帰り旅行ができるぐらいのお値段だったので、思い切りが必要でしたが、凄く使い勝手が良くて、手に入れて良かった~と言える一品でした。

凄く柔らかい感触です。

絵の具をよく含んでくれます。

ARCHESの紙も初めて使ったけれど、なかなかでした。

 

お絵かき、一休みして、明日からは他の用事に取り掛からねばなりません。

そんな中、舞い込んできた、J:COMの6月号!

「ベルサイユのばら」、アニメのビデオは発売直後にゲットしているので、いつでも見られるんですが、宝塚の「ベルばら」!

楽しみ!!

どっぷり浸ろうと思います。

 


春なのに

ちょっと前ですが、春の花々。

今月は、アナログ作品をお絵かきしていて、お出かけには最高の季節なのに、家にこもりがち。

春なのに~。

梅雨がくるまで、あと少し、この過ごしやすい季節を楽しみたいな。


都立多摩図書館

ゴールデンウイーク真っ只中ですね。

どこもかしこも混雑しているだろうと思い、静かな図書館へ出かけてきました。

お気に入りの公園の隣に、今年引っ越してきた、都立多摩図書館。

約17,000タイトルの雑誌を所蔵している図書館で、市立図書館では閲覧できないような古い雑誌がたくさんあるので、とても楽しいです。

移転オープン記念展示の「雑誌と絵本で世界を知る」が開催中でした。

グリム童話の『おおかみと七ひきのこやぎ』が絵本で日本で紹介された歴史が展示されていて、明治22年に日本で出版された絵本では、やぎは和服を着て、日本家屋に住んでいるという設定でイラストが描かれていて、凄く、面白かったです。

このスペース、一見タイル敷きに見えますが、木です。

建物も素敵!

 

基本的に貸し出しは無いんですが、資料をもらったり調べたりしてきました。

おNewの図書館バッグを持って、ご機嫌な一日でした。

「ベルばら」トート、おろしたて!

バッジもいいでしょ。

池田理代子先生のデビュー50周年記念展『池田理代子ーベルばらとともにー』で手に入れました。(日本橋、大阪、京都を経て、5月8日まで横浜高島屋にて開催中です)

皆様も良いゴールデンウィークを!

 


Ko・ku・buでランチ

 所用で出かけた帰り道、以前から気になっていたカフェでお昼ご飯を頂きました。

出るときに写真を写したので、看板がティータイムにになっています。

ランチタイム最後のお客だったみたい。

この可愛いお庭が気になっていたので、入れてよかった!

地元のお野菜と塩パンとデザートを頂きました。

ドタバタと過ぎていく日々ですが、きれいなお花と可愛いお庭でリフレッシュできました。

 


「歌川国芳 21世紀の絵画力」展

4月某日、府中市美術館で只今開催中の「歌川国芳 21世紀の絵画力」展に行ってきました!

2010年開催の「歌川国芳-奇と笑いの木版画」展から7年。2010年の展覧会も本当に面白かったので、開催が決まった時から、とても楽しみにしていました。

今回は前期と後期で全作品の展示替えが行われるそうなので、どちらも見逃せません!

まずは、前期に行ってきました。

歌川国芳の浮世絵は、活力があり、見ていて楽しくなる作品です。気楽に楽しめる作品なので、浮世絵に興味のない方でも、是非、見に行ってみてください。

現代の漫画に通じる表現もたくさんあります。前期の展示にあった「自然現象と抽象的な形」は、美大で学んでいた時、研究したテーマに通じていて、凄く興味深く見ました。

新たな発見があって、ワクワクしました。

こちらは、美術館のある公園。

前期を見に行った時は美術館がある公園の桜もまだ満開でした。

こちらは、つい先日訪れた、府中市美術館です。

美術館のある公園は新緑が美しくなっていました。

只今、後期が開催中。

後期を見に行ったのですが、美術館内の図書館で探していた本に出合えて、夢中になっているうちに閉館に~(汗)。

ご近所だし、また出直して後期も見に行きます!

「歌川国芳 21世紀の絵画力」展は5月7日まで開催です。

詳しくは府中市美術館のHPをご覧ください。


桜色のイースター

今日はイースターです。

今年もイースターエッグは桜色にしました。

この一週間、桜がまだ散っていないところもあって、青空の下で桜をカメラに収めることができました。

桜色のイースターエッグと一緒にアップします。

桜吹雪がきれいでした。

目的地に向かう途中、車の中(助手席)からパチリ。


ページのトップにもどる