お知らせ 春マン‼ 2018 SHUEISHA

春マン‼2018のお知らせです。

既にお読みいただいた方もいらっしゃるかも知れませんが、4月3日から16日まで春マンにて、和田尚子の「片道切符シリーズ」の1巻と2巻の無料お試し読みが開催中です。

ということで、ここには、あえて「片道切符シリーズ」の3巻『時間旅行』の表紙をアップしてみました。

「片道切符シリーズ」は『湾岸道路』あたりまでは、一話完結読み切りで大変読みやすくなっておりますので、是非、まだ一度も読んでいない方も、「懐かしい」と思って下さる方も、春マンでお読みいただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。


レンテンローズ

実家の花壇に咲いていた、レンテンローズの花。

毎年、イースターを待つ季節に、春の訪れを告げてくれ、シルエットも色合いも好きな花ですが、実は、花びらに見えるものは萼だそうです。

雄しべを囲んでいる筒状のものが、蜜腺という退化した花びらだと、だいぶ前に教えていただいていたのですが、なかなか写真にとる機会はありませんでした。

雄しべと萼の間にあるものが花びらのよう。

上の写真だと、萼と雄蕊の間にある筒状の黄緑色のもの、下の写真だと、ワイン色のものが花びらとなるようです。

萼は長く残っているので、花びらが落ちた後でも華やかさが長持ちし、ドライフラワーにしても綺麗。

それにしても、萼より目立たないなんて…、奥ゆかしい、花びらだなぁ。

いやいや、それとも、萼が大人しい花びらを守るために頑張って大きくなったのかなぁ?

理由は勉強不足で分かりませんが…自然は不思議ですね。


7年

3.11から7年。

少しづつ、人間の記憶と言うものは薄れていきますが、今日だからと言うわけではなく、ことある事に振り返り、考え、調べ、学び、そして、祈っています。


咲いた!

クロッカスが咲いて…

レンテンローズの季節がやってきました。

やっと少し暖かくなってきて、とても嬉しいなぁ。

 

昨日は平昌パラリンピックの開会式でしたね!

村岡選手、日本人メダリスト第一号おめでとうございます!

銀メダル!

下にいる彼らと一緒に日本選手団を応援しています!

 


Flower Tea

 今日は、お昼も夜もお花のお茶を頂きました。

お花のお茶は、香りがよくてふんわりした気分になれるので、好き。

お昼に頂いたのは、LUPICIAのBIRTHDAY。

Flavored Teaです。

茶葉と花びらのブレンド。

ほんのり、甘い香りにしっかりとした紅茶のお味がしました。

そして、夜もFlower Teaをいただきました。

読書のお供に。

大事に飲んでいましたが、これが最後の一杯。

ローズティーは凄く好き。

そして、こんな素敵な    イベントを見つけたりして…。


早春

ご近所の梅が開花。

まだまだ、寒い日もありますが、春がすぐそこまで来ているのを実感しました。

そして…、

今日は、雛祭りですね。

先月、宿泊した際、 楽しませて頂いてきた、新宿の京王プラザホテルの雛飾りをアップします。

 


お宝?

御縁があって、我が家に届いたコイン。

江戸時代から昭和まであったので、分類してみました。

江戸の天保通宝とか、

明治の2銭とか、

大正の50銭(左)や10銭(右)の年号のある側と

菊の御紋の入った側。

等々…。

切手もたくさん出てきました。

 

お宝と言っても、資料的価値のお宝。

『TV鑑定団』に出したら、おそらく「思い出として、大事にしてください」で終わるやつです(笑)。

 

地味な分類作業を楽しくやりました。

こういう地味な作業をしていると、ふと、何か浮かんだりするので(私の場合)、大事だな~、と感じています。


2月も半ばを過ぎまして…

ブログが止まっていました。

2月は外出が減るので…。

 

2月14日は10数年前、突発性難聴になった日であり、緊急入院して、初めて原稿を落としてご迷惑をおかけした日であり、私にとって、悪いイメージの日となってしまっていましたが、昨年から急変。

昨年から2月は特別素敵な月となりました。

昨年は池田理代子先生のトークショーを拝見させていただいて、今年はくらもちふさこ先生の二人展のお知らせを頂いて、拝見させていただき「生まれてきて…よかった…」と、ベルばらの名台詞を心のそこから嚙みしめる日々。

とは言え、2月は寒くて外出ままならないのは相変わらず…、今日はふたつ前のブログの続きをアップします。

江の島の絵葉書の中身は…、

とても、のどかな光景でした。

別府温泉の絵葉書は…、

白黒に印刷に手彩色。乗り物がレトロで可愛いです。

手彩色絵葉書は、カラー写真が普及する以前に白黒写真に手作業で彩色してあるものです。

看板その他の横書きの文字が左から右に流れているので、戦後のように思いますが、彩色は手作業に見えます。

浜名湖風景、こちらも文字の流れから戦後のように思います。

英語の表記もあることから、戦後、間もなくではないかと思います。

地図も出てきました。

旅行好きだった祖父らしい遺品です。


「くらもちふさこ×いくえみ綾 二人展“あたしの好きな人”へ」

一昨日、都内某所から、高速を走らせて、都内某所に宿泊。

新宿で目覚めて、池袋へ!

PARCO MUSEUM(池袋パルコ本館7 階)で開催中の「くらもちふさこ×いくえみ綾 二人展 “あたしの好きな人”へ」、初日に行ってきました!!

別冊マーガレット、憧れの先輩、くらもちふさこ先生と、同世代ですが先輩のいくえみ綾先生による二人展。

お二人の言葉で進行される展覧会は新鮮で、対談(おしゃべり)の中に同席しているようで、楽しかったです。

どれもこれも思い出深いシーン!

お二人の原画を拝見するのは初めてではないですが、「こうやって描いていたんだ!」と新たな発見もあり、原画で見られることができて最高でした。

公式ビジュアルブックもゲット!(写真上、左)

展覧会の後、一緒に行ったアートデレクターのお友達と、空いていたお店の端でお茶。

ちょっと賑やかでしたが、まっすぐ帰るのはもったいなく、耳を保護しながら、久しぶりにお店でお茶をいただきました。

お友達撮影のプリン。

(私も同じものを頂いたのですが、カメラに撮るのを忘れてしまい…(*’ω’*))

展覧会の感想などを話し…楽しかった!

 

くらもちふさこ×いくえみ綾 二人展 “あたしの好きな人”へ」はパルコミュージアムにて2018年2月9日より、2月25日まで開催中です。

詳しくはPARCO MUSEUMのHPをご覧ください。

 

お二人の漫画に対する思いが伝わって、別冊マーガレットで同時代を生きてきただけに、胸が熱くなる素敵な展覧会でした。

昔、私の漫画(「片道切符」など)のお仕事を手伝ってくれていたオルテンシアアズールのmicaちゃんにお花を作って届けてもらいました。


帝国議事堂竣工記念花電車

面白いものが届きました!

昭和初期の 絵葉書や地図など…。

祖父母が持っていたものです。

こちらは、帝国議事堂(国会議事堂)の竣工記念の絵葉書!

帝国議事堂は大正期に意匠設計を公募、当選案を参考に国が手を加えて建設が始まったのですが、その後の関東大震災や仮議事堂の火災で工期が伸び、ようやく昭和11年に完成しました。

完成を祝って花電車が出たようです。

 

絵葉書の袋の中には、大正13年に東宮殿下(昭和天皇)のご成婚を奉祝した、東京市市催花電車の絵葉書も入っていました。

鶴のつがいや夫婦岩など、婚礼をお祝いする飾り付けがされていた様子。

そして、昭和5年の帝都復興式典祭記念花電車の絵葉書も入っていました。

関東大震災の復興式典祭です。

この時は、東京市中が賑わったそうですが、花電車を見物する人々の様子が絵葉書の中にも見られます。

復興記念式典祭なので、花電車の意匠が、ビル群の立ち並ぶ様子だったりします。

右上の花電車はミラーボール???

最後は、昭和11年の新議事堂竣成祝賀花電車。

国会議事堂が花電車に乗っている…、今見ると、面白いです。

 

以上、5枚一組で、15枚入っていましたが、全てが、もともと「帝国議事堂竣工記念 花電車」絵葉書の袋に全て入っていたのかは、わかりません。

デザインが統一されているので、同じ袋に入っていたと考えていいように思いますが、それぞれ別々に買ったものを、祖父母が一つの袋にまとめて入れた可能性もあります。

花電車とは、主に路面電車を花などで装飾し、お祝い事の時に町中をパレードさせたもの。夜は電飾が施されていたので、さながら、エレクトリカルパレードみたいだった様子。

路面電車の姿が減った今、街で見かけることは、ほぼありませんが、祖父母が遺してくれた、レトロな絵葉書にその姿が残っていました。

 


ページのトップにもどる