「歌川国芳 21世紀の絵画力」展

4月某日、府中市美術館で只今開催中の「歌川国芳 21世紀の絵画力」展に行ってきました!

2010年開催の「歌川国芳-奇と笑いの木版画」展から7年。2010年の展覧会も本当に面白かったので、開催が決まった時から、とても楽しみにしていました。

今回は前期と後期で全作品の展示替えが行われるそうなので、どちらも見逃せません!

まずは、前期に行ってきました。

歌川国芳の浮世絵は、活力があり、見ていて楽しくなる作品です。気楽に楽しめる作品なので、浮世絵に興味のない方でも、是非、見に行ってみてください。

現代の漫画に通じる表現もたくさんあります。前期の展示にあった「自然現象と抽象的な形」は、美大で学んでいた時、研究したテーマに通じていて、凄く興味深く見ました。

新たな発見があって、ワクワクしました。

こちらは、美術館のある公園。

前期を見に行った時は美術館がある公園の桜もまだ満開でした。

こちらは、つい先日訪れた、府中市美術館です。

美術館のある公園は新緑が美しくなっていました。

只今、後期が開催中。

後期を見に行ったのですが、美術館内の図書館で探していた本に出合えて、夢中になっているうちに閉館に~(汗)。

ご近所だし、また出直して後期も見に行きます!

「歌川国芳 21世紀の絵画力」展は5月7日まで開催です。

詳しくは府中市美術館のHPをご覧ください。


桜色のイースター

今日はイースターです。

今年もイースターエッグは桜色にしました。

この一週間、桜がまだ散っていないところもあって、青空の下で桜をカメラに収めることができました。

桜色のイースターエッグと一緒にアップします。

桜吹雪がきれいでした。

目的地に向かう途中、車の中(助手席)からパチリ。


レントの季節

レントの季節を過ごしています。

こちらは教会のお庭に咲いていたレンテンローズ。

もう萼(がく)だけになっていましたが。

花びらに見えるのは萼だそうです。

桜も教会の庭にて。

あちこちに花がたくさん咲いてきていて、春を感じています。

こちらは、某公園の寒緋桜。

撮り鉄ではありませんが、桜とSLはなんだか萌える(笑)。

ソメイヨシノも満開になっていて、いくつか写真が撮れました。ソメイヨシノはまた、次回アップします。


玉堂美術館

気が付けば4月!

ちょっと間があいてしまいましたが、前回の続きです。

訪れたのは、玉堂美術館です。

ずっと行きたかった美術館でした。

清流の傍の、奥多摩の自然が感じられる場所にありました。

川合玉堂は日本画家。四条派の望月玉泉と円山派の幸野楳嶺に師事し、橋本雅邦に学び狩野派を極め、それらを融和させた独自の画風で、美しい山水画や奥多摩の風景を残しました。望月玉泉に入門したのは14歳の時。玉堂美術館では、15歳ごろから絶筆する84歳までの作品を入れ替わりで見ることができます。

15歳から17歳ぐらいまでの、スケッチが展示されていましたが、もう、天才というか、描くために生まれてきた人だなぁと、感じたというか…、いいものを見せて頂きました。思わず、写生帖も買ってしまいました。表紙ももちろん、玉堂。少年期に描いたスケッチです。

年に一度、この時期に玉堂美術館で見られるという「紅白梅屏風」は圧倒的に美しかったです。

技術もさることながら、自然を見つめる確かな目と、見つめつくそうというまっすぐなまなざし、自然と溶け合う心を感じました。

清々しい気持ちになって帰りました。


西の方

3月某日。

かわいい建物に遭遇しながら、西へドライブ。

都内ですが、この辺りまで来ると、懐かしい建物が残っていて、風情があります。

川のせせらぎが、私の耳にはちょっと賑やかでしたが、マイナスイオンをたくさん浴びて帰ってきました。

何処へ出かけたのか、詳しくは、また後日。


ー「ベルばら」とともにー

池田理代子先生のデビュー50周年記念展に行ってきました!!

楽しかったです!!!

 

50年の歩みの中で生まれた名作の数々。

魅惑的でした。

先生の原画は過去の展覧会でも拝見したことはありますが、私は「ベルサイユのばら」からファンになったので、生オスカル様を拝見するというだけで、ドキドキし、好きだったシーンの原画が展示されていて、本当に嬉しく、ワクワクしました。

 

原稿用紙の上に、流れる様に描かれた線は、生き生きとしていて力強く、美しかったです。

線の強弱の使い分け、構図の大胆さ、緩急の付け方の妙など、原画を見て改めて気が付くことや、学ぶことがたくさんあり、圧倒されてきました。

カラー原画も美しかったです。

本当にもう、ため息しか出ない感じでした。

 

写真撮影OKだった、宝塚の衣装コーナー。

オスカル様の衣装。

アンドレの衣装。

アントワネット様の衣装。

オルフェウスの窓からはイザークの姿が…。

池田理代子先生の50年の歩みに思いをはせながら、「ベルばら」を読んで育った私たち自身の子供の頃から今日までを同時に懐かしみ振り返ることのできる、心躍る展覧会でした。

グッズも凄く充実していて、お買い物も楽しみました。

11日には池田理代子先生のサイン会もあり(先着50名様、サインは公式ブックに限る)会場は静かな熱気に包まれていました。

会場を訪れていた池田理代子先生のファンの皆様同様に、私にとっても本当に幸せな、夢のような一日となりました。

記念展は日本橋高島屋で3月20日(月・祝)まで開催され、その後は大阪、京都、横浜高島屋で開催されます。詳しくはこちらをご覧ください。


お知らせ

本日(3月8日)より、日本橋高島屋にて、池田理代子先生の「デビュー50周年記念展―ベルばらとともに―」が始まりました!

オフィシャルブックには、和田尚子が描いた「白ばらに出会って」2Pを掲載していただいております。

詳しくはどうぞこちらをご覧ください。

よろしくお願いいたします。


ページのトップにもどる