「歌川国芳 21世紀の絵画力」展

4月某日、府中市美術館で只今開催中の「歌川国芳 21世紀の絵画力」展に行ってきました!

2010年開催の「歌川国芳-奇と笑いの木版画」展から7年。2010年の展覧会も本当に面白かったので、開催が決まった時から、とても楽しみにしていました。

今回は前期と後期で全作品の展示替えが行われるそうなので、どちらも見逃せません!

まずは、前期に行ってきました。

歌川国芳の浮世絵は、活力があり、見ていて楽しくなる作品です。気楽に楽しめる作品なので、浮世絵に興味のない方でも、是非、見に行ってみてください。

現代の漫画に通じる表現もたくさんあります。前期の展示にあった「自然現象と抽象的な形」は、美大で学んでいた時、研究したテーマに通じていて、凄く興味深く見ました。

新たな発見があって、ワクワクしました。

こちらは、美術館のある公園。

前期を見に行った時は美術館がある公園の桜もまだ満開でした。

こちらは、つい先日訪れた、府中市美術館です。

美術館のある公園は新緑が美しくなっていました。

只今、後期が開催中。

後期を見に行ったのですが、美術館内の図書館で探していた本に出合えて、夢中になっているうちに閉館に~(汗)。

ご近所だし、また出直して後期も見に行きます!

「歌川国芳 21世紀の絵画力」展は5月7日まで開催です。

詳しくは府中市美術館のHPをご覧ください。


玉堂美術館

気が付けば4月!

ちょっと間があいてしまいましたが、前回の続きです。

訪れたのは、玉堂美術館です。

ずっと行きたかった美術館でした。

清流の傍の、奥多摩の自然が感じられる場所にありました。

川合玉堂は日本画家。四条派の望月玉泉と円山派の幸野楳嶺に師事し、橋本雅邦に学び狩野派を極め、それらを融和させた独自の画風で、美しい山水画や奥多摩の風景を残しました。望月玉泉に入門したのは14歳の時。玉堂美術館では、15歳ごろから絶筆する84歳までの作品を入れ替わりで見ることができます。

15歳から17歳ぐらいまでの、スケッチが展示されていましたが、もう、天才というか、描くために生まれてきた人だなぁと、感じたというか…、いいものを見せて頂きました。思わず、写生帖も買ってしまいました。表紙ももちろん、玉堂。少年期に描いたスケッチです。

年に一度、この時期に玉堂美術館で見られるという「紅白梅屏風」は圧倒的に美しかったです。

技術もさることながら、自然を見つめる確かな目と、見つめつくそうというまっすぐなまなざし、自然と溶け合う心を感じました。

清々しい気持ちになって帰りました。


寒波到来

001

寒いですね~。

冬ごもりに突入している私なので、これといってブログにアップすることがないのですが(笑)、先月アップし損ねていた写真を掲載。

002

「藤田嗣治展-東と西を結ぶ絵画」の後期を観に府中市美術館に、ギリギリ滑り込みセーフで行ってきていました。

ランスの礼拝堂ノートル=ダム=ド=ラ=ぺにいつかレオナール・フジタのフレスコ画を観に行きたいです。

遠いけれど・・・。

003

市民ギャラリーで開催されていた「暮らしと表現の芸術祭―フェット」も観てきました。

楽しかったです。

004

「藤田嗣治展」も「フェット」も、どちらも、もう終わってしまっていますが、公開制作室で行われている風間サチコさんの「たゆまぬぼくら」は2月26日まで、制作過程と制作中の様子が随時公開されます。(日程など詳しくは府中市美術館HPをご覧ください)

府中市美術館の企画展、現在は「ガラス絵 幻惑の200年史」が開催中のようです。暖かい日に、観に行けるといいな~。


近代建築探訪

お正月が過ぎ、バタバタとしていたら、あっという間に11日!!

暫くブログが止まっていましたが、皆様、良いお正月をお過ごしでしたか?

01

ちょっと前に行った、建物探訪の写真をアップします。

02

テレビや映画、ニュースなどで、皆様も一度は見かけたことがあるかと思います。さて、どこでしょう?

03

04

05

06

内部はこんな感じ、許可が取れた場所しか写せなかったので、美しい中央のドームを見ていただけなくて残念ですが・・・。

07

建物はセセッション風。

11月にアップした学士会館と同じ様式です。

08

中央にドーム、左右対称に両翼が広がる重厚な建物。学士会館とは印象が違いますが、ステンドグラスやアーチの入り口部分、幾何学的意匠やよく見ると装飾部分に植物文様がみられるなど、共通するところがありました。

09

あ、もうお判りでしょうか?

そう、神宮外苑にある絵画館です。

012

おしゃれなカフェの並ぶ、銀杏並木の向こうにこんな感じで建っているのをテレビなどで皆様ご覧になったことがあるのでは・・・(この写真は2016年夏に撮影)。

010

建物を見たことはあっても、中に入ったことはない方が多いと思いますが、入館できます。絵画館の正式名称は「聖徳記念絵画館」明治天皇と昭憲皇太后を記念した絵画館で、幕末から明治期の激動の時代を絵画で見ることができます。向かって右翼は日本画、左翼は西洋画。欧化政策がとられた時代の変化が大きな壁画で迫力満点に描かれています。教科書などで見たことのある絵がありました。


はけの森美術館

3  冬本番、すっかり出不精になっていますが、少し前の某日、ご近所の小さな美術館へ行ってきました。

 

はけの森美術館で開催中の「風景への視線-郡山市立美術館所蔵近代イギリス風景画展」です。

21

開館10周年記念の展覧会でした。

 

府中の森美術館でリーフレットを見て、行きたい!と思っていたので、見に行けて良かったです。ジョン・コンスタブルの銅版画がお目当てでした。

他にもターナーやゲインズボロなど、イギリスの風景画を語る時、外せない画家たちの作品が。

『イラストレーティッド・ロンドン・ニュース』の特派員として幕末に来日したワーグマン等、日本とかかわりの深い画家の絵も。

ウィリアム・パーソンズの《箱根の秋》は、秋風にたなびくススキと青い空が平和で穏やかでした。

4

こちらは図録。

小さな美術館の小さな展覧会でしたが、間近にゆっくりと作品を観ることができ、近代イギリス風景画の流れをたどれて面白かったです。


久保田一竹美術館&紅葉

本当に寒くなってきました!

もう、12月ですものね。

01

ブログまんがにも描きましたが、先月訪れた、富士河口湖にある「久保田一竹美術館」の写真をアップします。

03

06

05

別のシーズンに訪れたこともありますが、秋は本当に、お庭がきれい。

近くでは紅葉祭りが開催中でした。

02

美しい紅葉の写真をアップします!

ぽかぽかと温かく、天候に恵まれた秋の一日でした。

0407

08


学士会館にてランチ会

01

11月の某日、これまでに私がお世話になった担当さんや編集長、編集者さんが数名集まって、ランチ会を開いて下さいました。

楽しく懐かしい時間を過ごしました。

笑いが止まらないぐらい、面白い思い出話もありました。

お忙しい中、駆けつけて下さった皆様、本当にありがとうございました。

 

冒頭の写真は、会場となった学士会館のレストラン、ラタンの個室。

 

この、学士会館は私が以前から、訪れたいと思っていた、千代田区の近代建築のひとつです。現在は一部施設を除いて、学士会員でなくとも利用できます。

とても良い機会をいただいて、建物も堪能して帰りました。

03

写真の向かって右側の4階建ての旧館は高橋貞太郎設計(昭和3年竣工)、向かって左の5階建て新館は藤村朗設計(昭和12年増築)。

04

旧館のみ撮影。

05

旧館の正面玄関(外まわり)。

ちょっと分かりにくかったんですが、学士会館の小冊子『建築物語』によると様式はセセッションのよう。セセッションの特徴が表れている入口。アーチはロマネスク風で、要石(頂部)にはオリーブの葉が刻まれています。全体的にはスッキリした、モダンなデザインですが、装飾部分に濃密に植物文様が用いられています。

06

復元された大灯籠とスクラッチタイル(下の写真上部)の外壁。

07

 

設計者の高橋貞太郎は日本の耐震工学を確立した佐野利器に学んでおり、学士会館は耐震・耐火の鉄筋コンクリート造り。関東大震災後の「震災復興建築」になります。

関東大震災を境に日本の建物は煉瓦造りからコンクリート造りに代わっていくのですが(このあたり、『チ・カ・ラ』の時に学びました)学士会館もその一つ。歴史を体感して帰りました。

08

ラタンの広間の内装はチューダーゴシック。

09

013

ステンドグラスが用いられている廊下。

011

新館の軽やかな階段。

012

旧館のセセッションスタイルの柱が囲む階段。

014

人造石張りの柱。鋲を強調したデザイン。

017

018

旧館正面玄関、真鍮製のドアノブと天井の植物モチーフの縁飾り。

 

015

016流れた歳月を物語る床のタイルがなんとも言えない味わいでした。


秋晴れ!

01  某日、秋の湖畔。

02

名月を見た翌朝は快晴でした。

03

ここまでは、部屋の窓からの湖です。

 

04

そして、これは、当ブログでは、おなじみのホテルロビーからの湖。

05

これは、駐車場から・・・。

湖だけで、何枚写真を撮ったのか・・・。(笑)

 

この後、チェックアウトして美術館へ出発しました!

続きはまた。


箱根のmuseum巡り⑨ 「箱根ラリック美術館」(2)

1

秋の箱根のmuseum巡り、「箱根ラリック美術館」を再訪してきました。

 

前回は駆け足で観た有料ゾーンの美術館。

ブログまんが④でも描きましたが、無料ゾーンでのんびり過ごしていたら、時間切れとなってしまい、あわただしく観ました。

なので、今回はゆっくり、ラリックの作品を観ることが目的でした。

2

3

でも、やはり、先に腹ごしらえ(笑)

4

そして、小川に掛かる橋を渡って、館内へ。

7

アール・ヌーヴォーからアール・デコの時代を駆け抜けたルネ・ラリック。

二つの時代を生き抜くというのは、簡単なことではないと思うのですが、ラリックは時代の変化に、宝飾からガラス工芸へと表現の方法を変えながら対応していました。

6

初めて訪れる美術館は、ざっと一巡りして観る程度でもいいそうです。

一度で終わらずに再訪して、訪れるたび、新たな発見をするのも美術館の楽しみ方。

8

秋の「箱根ラリック美術館」の庭にはホトトギスが咲いていました。


ページのトップにもどる